日本のFXサービスは世界最高

 以前は個人が為替を取引することはできなかった。しかし、日本版金融ビックバンにより、個人でも取引が可能になって早10年。ひとえに日本のFXトレーダーが高い水準を求めてきたからこそ、各FX会社ともサービスに力を入れている。今や日本のFXサービスは世界最高水準と言われている。

 その最たる部分がスプレッドだろう。スプレットとは買値と売値の差。為替を取引する場合は、2WAYといって2つの値段がある。1ドル80円00銭‐10銭となっていれば、00銭の方が売値、10銭の方が買値となる。そして、この差がスプレッドになるのだ。利益をあげるためにはスプレッドが狭い方は有利。10年前は米ドル/円で10銭近いスプレッドを取る会社もあったそうだが、現在米ドル/円のスプレッドは0.5~1銭以内に収まっている。

インターバンクで為替を取引しているプロの為替ディーラーが3銭のスプレッドで取引していることを考えると、個人投資家がいかに恵まれているかということが分かるだろう。海外ではスプレッドはもっと広く5銭~以上取る場合もザラ。日本以外でこのサービスはあり得ない話なのだ。

 この低スプレッドを生かした儲け方と言えば、スキャルピングだ。5分以内にポジションを決済してしまうスキャルは取引コストが低いと優位である。5分以内の何度も何度も取引を繰り返せば、それにかかるスプレッドも大きくなってしまうもの。スキャルパーのなかには1日に何千枚も何百回と回転させて取引させる人や、たった5秒しかポジションを持たないという人もいるのだ。1万通貨であったとしてもスプレッドが1銭違っただけで段違いのコストとなる。だが、低スプレッドならばそれほどコストを気にしなくていいのでこんな取引が可能となる。

 為替を取引する場合は、1日のなかで取引を終わらせるデイトレや2~3週間や1~2か月の単位でポジションを持つスウィングトレードが多いが、その場合も低コストなすプレドは有利なものなのだ。

いきなりスキャルピングから始めなくとも、まずはそのコストのよさを実感するために取引を初めてみては。
お気に入りに追加する

プロフィール

管理人:ひまわり
管理人:ひまわり

サブプライム問題でやられた金融系会社に勤める志がないサラリーマン。日々残業とFXに勤しむ。趣味は夕陽を見ること。はお金を使いきれない生活をし、社会貢献をすること。

満足のできるFX会社はここだ

おすすめFX業者

スキャルピング向きおすすめFX業者

デイトレード向きおすすめFX業者

スワップ向きおすすめFX業者

くりっく365おすすめFX業者